ミライ・ヤシマ
ホワイトベースの操舵手を努める。

地球連邦政府元高官の令嬢。父親の死後に移住したサイド7で戦禍に巻き込まれ、ホワイトベースに逃げ込む。クルーザー級スペースグライダーのライセンスをもっていたため、操舵手に志願した。洞察力に優れる少女で、経験を積みベテラン操舵手以上の操艦で、ホワイトベースの数々の危機を救う。ブライトから信用されており、度々意見を求められる。ジャブローにおいて正式に少尉に任官された。