クラウレ・ハモン
ランバ・ラルと行動を共にする女性。優秀な人材であり兵達の人望も厚い。ランバ・ラルが出撃した際の後方支援の指揮をとる。ソドンの町で出会ったアムロを好ましく思いながらも、手ごわい敵として認めている。ランバ・ラルを尊敬し愛しており、彼の死後、残った部下達と共に仇討ち戦を仕掛ける。その悲願達成の寸前、リュウのコア・ファイターの体当たりを受けて死亡。