機動戦士ガンダム
TOP NEWS WORLD PRODUCTS SPECIAL
NEWS

2021/01/01
『閃光のハサウェイ』公開記念!ガンダムチャンネル登録者数105万人突破計画「Road to U.C.0105」本日始動!


ガンダム公式 YouTube チャンネル「ガンダムチャンネル」にて、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の公開を記念したプロジェクト「Road to U.C.0105」が、本日1月1日(金・祝)よりスタートしました!
 

「Road to U.C.0105」は、『閃光のハサウェイ』の舞台である「宇宙世紀0105年」にあやかり、ガンダムチャンネルの登録者数105万人達成を目指す、チャンネル創設以来最大の挑戦です。
『閃光のハサウェイ』公開日の5月7日(金)0:00を期限として、それまでに達成したチャンネル登録者数に応じて、順次、ガンダムシリーズの劇場版作品およびOVA作品が24時間限定で無料配信されます。

80万人登録達成で『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』公開、93万人達成で『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』公開、といった無料配信媒体の限界を超えた大盤振る舞いなスペシャル企画となっており、105万人を達成するなかで、これまでに公開された宇宙世紀作品を年代順に楽しむことができます。
まだチャンネル登録していない方は、この機会にぜひご登録ください!


さらに、「Road to U.C.0105」の開催を記念して、宇宙世紀0079年以前の時代を描く『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の全13エピソードが、1月よりガンダムチャンネルで順次配信されることも決定しました。こちらもお見逃しなく!

 

■ガンダムチャンネル概要

2019年で40周年を迎えた『ガンダムシリーズ』の新メディアとして、公式 YouTube チャンネル「ガンダムチャンネル」が誕生!本チャンネルでは『ガンダムシリーズ』作品を中心に随時配信していきます!

「ガンダムチャンネル」はこちら!

>> ガンダムチャンネル
>> 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』公式サイト


2020/12/09
TAAF2021「アニメ功労部門」で富野由悠季監督ら8名を顕彰!



イラスト:渡辺敦子
 

一般社団法人日本動画協会が主催し、東京都が共催する国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル 2021(TAAF2021)」は、アニメ功労部門に富野由悠季監督ら8名を選出しました。
 

アニメ功労部門は、アニメーション産業・文化の発展に大きく寄与した方を顕彰する目的で設立。制作現場における長年の功績を称えるとともに、教育活動・国際交流など広くアニメーション産業の社会的地位の向上に貢献された方も顕彰しています。
 

今回は、『機動戦士ガンダム』を生み出し総監督を務めるなど、日本の巨大ロボットアニメに新時代を切り開いた富野由悠季監督のほか、『ドラゴンボールZ』『勇者特急マイトガイン』などの脚本家・小山高生さん、『AKIRA』『銀魂』などの編集を担当してきた瀬山武司さんら8名に決定しました。
 

2021年3月12日(金)から15日(月)に東京・池袋で開催されるTAAF2021会場にて、顕彰者の紹介展示や特別プログラムを実施予定とのことですので、続報をお楽しみ。
 

なお、本日12月9日(水)にTAAF2021のPVも公開されました。今回のアニメ功労部門に加え、前回「TAAF2020」の各部門受賞作品など、本映画祭に集まる幅広い作品を盛り込んだ映像となっていますので、ぜひご覧ください。
 


■東京アニメアワードフェスティバル 2021「アニメ功労部門」顕彰者

・監督:富野由悠季
・脚本家:小山高生
・編集:瀬山武司
・プロデューサー:鈴木敏夫
・原作者:さくらももこ
・アニメーター:才田俊次
・歌手:伊集加代
・声優:羽佐間道夫
※順不同、敬称略


■東京アニメアワードフェスティバル 2021 PV初公開!

⇒その他のバージョンはこちら


■「東京アニメアワードフェスティバル 2021」開催概要

【会期】
2021年3月12日(金)~15日(月)
 

【会場】
東京・池袋
 

【主催】
東京アニメアワードフェスティバル実行委員会
一般社団法人日本動画協会
 

【共催】
東京都
 

【事務局】
東京アニメアワードフェスティバル実行委員会事務局
(一般社団法人日本動画協会内)

>> 東京アニメアワードフェスティバル 2021


2020/10/28
「機動戦士ガンダム 劇場版三部作 4KリマスターBOX」本日発売!


『機動戦士ガンダム』劇場版三部作を4Kリマスター化した「機動戦士ガンダム 劇場版三部作 4KリマスターBOX」が、いよいよ本日10月28日(水)に発売されます!

4KリマスターBOXは、4K ULTRA HD Blu-rayの3枚とBlu-ray Discの3枚からなる6枚組の特装限定版。
映像は待望の4Kリマスターで収録されているほか、音声はガンダムシリーズ初となる「ドルビーアトモス」音声を採用。家庭でも大迫力の映像・音声を楽しむことができます。

特典には、スタッフ陣の撮り下ろしインタビューを収録した「『機動戦士ガンダム』劇場版三部作 宇宙世紀を越えて BEYOND THE UNIVERSAL CENTURY」(100p)を封入するほか、4Kバージョンの特報や予告編、特製収納BOXが付属。

また、対象店舗での先着購入特典として、「機動戦士ガンダム4Kリマスターシリーズ収納BOX(全2種)」が用意されていますので、この機会をお見逃しなく!

なお、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 4KリマスターBOX」と「機動戦士ガンダムF91 4KリマスターBOX」も、特装限定版として本日より再発売されますので、まだ手に入れていない人はあわせてチェックしてみください!

商品詳細は、PRODUCTSページをご覧ください。

>> バンダイナムコアーツ


2020/09/25
「モヤモヤさまぁ~ず2」9月27日放送回で大河原邦男の出身地・東京都稲城市をぶらぶら!

 

毎週日曜18:30からテレビ東京で放送中の街歩きバラエティー番組『モヤモヤさまぁ~ず2』では、9月27日(日)の放送回で、さまぁ~ずの大竹一樹さんと三村マサカズさん、テレビ東京アナウンサーの田中 瞳さんが、東京・稲城市を訪れます。

稲城市は、ガンダムやボトムズをはじめ数多くのデザインを手掛けてきたメカニックデザイナー・大河原邦男氏の出身地。市では「メカニックデザイナー大河原邦男プロジェクト」を推進しており、「ガンダム」や「スコープドッグ」のモニュメントのほか、マンホール蓋などを設置しています。

放送をお楽しみに。

■放送概要

テレビ東京『モヤモヤさまぁ~ず2』
東京・稲城市~果物天国でフルーツランド散歩~

【放送日時】
2020年9月27日(日)18:30~

【放送内容】
・梨そばに大竹困惑
・53歳には無理な公園遊具
・巨人よみうりV通りで背番号クイズ
・住宅街で珍獣牧場発見
・突然ガンダムの大河原邦男先生が
・田中アナが驚きの小発表&集合

>> モヤモヤさまぁ~ず2


2020/09/19
静岡県立美術館「富野由悠季の世界」本日より11月8日まで開催!

『機動戦士ガンダム』、『Gのレコンギスタ』などの「ガンダム」シリーズの他、『伝説巨神イデオン』、『聖戦士ダンバイン』といった数多くのオリジナルアニメーションの総監督を務め、国内外のアニメシーンに多大な影響を与えた富野由悠季監督のこれまでの仕事を回顧、検証する展覧会「富野由悠季の世界」の静岡県立美術館での巡回展が、本日9月19日(土)にスタートしました!
会期は11月8日(日)まで。

会場では、55年に渡る仕事を回顧すべく、各作品の特質が分かる富野監督直筆の絵コンテや、共に仕事をしたクリエイター達のデザイン画、原画、セル画などを多数展示。
また、自らの作品世界を掘り下げた小説やアニメ主題歌の作詞、様々な分野の人物との対話などマルチな活動と才能にも焦点を当て、富野監督が時代と人々に与えてきた影響と、訴え続けてきたメッセージを紐解いてゆく内容となっています。

さらに、静岡会場ならではの催しとして、木材を使って自由にロボットを作るワークショップや、富野ワールド初心者に向けた学芸員によるフロアレクチャーなども実施予定です。

なお、本展開催を記念して、静岡東宝会館にて富野由悠季監督作品の6週連続上映が好評実施中。
『機動戦士ガンダム』劇場版三部作のほか、監督最新作である劇場版『Gのレコンギスタ』に加え、『劇場版 伝説巨神イデオン 接触編/発動編』や『ザブングルグラフィティ』、『リーンの翼』も登場する。
上映期間は10月29日(木)まで。詳細は、静岡東宝会館公式サイトをご覧ください。
 








 

 


展覧会「富野由悠季の世界」静岡会場概要
 

【会場】
静岡県立美術館
(静岡市駿河区谷田53-2)
 

【会期】
2020年9月19日(土)~11月8日(日)
 

【観覧料】

■当日券
一般:1,200円(税込)
70歳以上:600円(税込)
大学生以下:無料

■団体券
一般:1,000円(税込)
70歳以上:500円(税込)
大学生以下:無料
 

【主催】
静岡県立美術館、静岡新聞社・静岡放送
 

【特別協賛】
清水銀行
 


展覧会「富野由悠季の世界」開催概要
 

【開催情報】


【公式サイト】
http://www.tomino-exhibition.com/

【協力】
サンライズ、東北新社、手塚プロダクション、日本アニメーション、オフィス アイ

【企画協力】
神戸新聞社

>> 展覧会「富野由悠季の世界」
>> 静岡県立美術館
>> 静岡東宝会館


NEXT

注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。(c)創通・サンライズ
ページトップへ